担当営業マンは選べない!

我々は、欲しい車、及び自動車販売店を自由に選ぶことは出来ますが、担当の営業マンは選べません。

基本的に、自動車販売店を訪れた時に車を停車位置まで誘導してくれた営業マン、すなわち最初に対応してくれた営業マンが担当者になります。
マンションを購入する時と同じです。


営業マンも様々で、サービス満点の営業マンもいれば、かなりのベテランで値引き額の交渉が難しい営業マンもいます。

最初に訪れたタイミングで、交渉相手が決まってしまうのです。

これは、運としか言いようがありません。

一旦、交渉に入ってから、担当者を変更するのは、困難です。
もし出来たとしても、自動車販売店とは購入後もお付き合いが続きます。
最初の営業マンと出くわす度に、気まずい思いをすることになると思います。


トヨタ、日産、ホンダの3強であれば、同じ地域に系列の異なる販売店が、多数あるはずです。
特に、日産とホンダはどの系列でも全車種を取り扱っていますので、販売店を変えることで、担当営業マンを変えることが出来ます。
トヨタは、販売店の系列で取り扱い車種が異なりますが、同じ車種を複数の系列で扱っているケースが多いので、同様の手法が使えます。

その他のメーカーだと、同系列の販売店が近くに複数存在するケースは、少ないと思います。

まさしく、最初の訪問時に祈るしかありません・・・・。


裏技として、自分の友人、知人がそのメーカーの車に乗っており、サービス満点の営業マンが担当であるならば、その友人、知人と販売店に出かけ、その人を担当営業マンにするという方法があります。


前のページへ  次のページへ

「新車購入でXX万円節約!」のトップへ






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。