自動車販売店との交渉術カテゴリの記事一覧

車の諸費用も努力次第で節約可能

自賠責保険(強制保険)や税金等の法定費用をカットすることは出来ませんが、それ以外の諸費用は、努力次第でカット可能です。

@納車費用

納車された新車を、自宅まで届けてもらうのにかかる費用で、1万円前後かかります。

自動車販売店まで取りに行くだけで、カット出来る費用です。

これは、忘れずに実践しましょう!


中には、

「納車費用には、新車を保護するためにボディ塗布されている油を、洗い落とす費用も含まれています」

という自動車販売店もありますが、それは理由にはなりません。

というのも、納車時に我々はボディ回りに傷や凹みが無いかチェックします。
納車前の洗車は、自動車販売店側の義務であり、購入者がお金を出す必要はありません。

しっかりと綺麗にしてもらった上で、納車当日に自分で取りにいくことを約束しておきましょう。


A車庫証明代行費用

車庫証明を取るための費用で、15000円前後かかります(中には20000円超!の自動車販売店もあります)。

何となく難しそうなイメージですが、簡単な書類を作成して、地元の警察に申請するだけです。
申請書類は、自動車販売店でも入手出来ますし、警察でもらうことも出来ます。


申請書には、保管場所の所在図、配置図を書く欄があります。
所在図は、別紙参照と記入して市販の地図のコピーを添付すれば楽チンです。
配置図は、保管場所の寸法を記入しなければなりませんが、マンション等の借り上げの駐車場なら、所有者が所在図を用意していることが多いので、確認しましょう。
あれば、こちらも別紙参照と記入すればOKです。


申請日に証明書を発行してもらえないので、最低2回警察署に出向く必要があります。
更に、平日しか受け付けてもらえないという難点もありますが、自分で行えば申請手数料2100円、標章交付手数料500円の計2600円で済みます。


ちょっと面倒ですが、思ったより簡単な手続きで済みますので、検討の価値有りです!


前のページへ

「新車購入でXX万円節約!」のトップへ










×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。