「ティーダ」が世界で最も売れている日産車の実力を証明 100万台突破

世界で最も売れている日産車「ティーダ」の勢いが止まりません。

2004年の9月30日の発売から3年6ヶ月で、ティーダ(米国およびカナダ名:Versa)」の世界販売台数が100万台を突破したことを、日産自動車株式会社(社長:カルロス・ゴーン)が発表しました。

確かにティーダは、小さな高級車というある意味ニッチを狙ったコンパクトカーと言えます。

ほぼ同じコンセプトであるマツダの「ベリーサ」に、販売面で大きく差をつけています。

ただ、コンパクトカーと言えば、ホンダ・フィットやマツダ・デミオ等、強力なライバル車ひしめく激戦区です。

さすがに、国内市場ではフィットやデミオの販売台数には及びません。

ただ、今年1月のマイナーチェンジ後のティーダの販売台数は、ティーダラティオも合わせてヶ月間で21,540台と、月間1万台を超えるペースとなっています。

ティーダは燃費のよさと高品質感が人気の源でしたが、マイナーチェンジでさらに磨きがかけられました。

それゆえティーダの値引き額は渋くなっていますが、しばらくは好調を維持しそうです。

ティーダの中古車人気も、ますます上がりそうです。


ティーダは2008年3月現在、世界165カ国にて販売されています。

北米市場や欧州市場でもティーダは人気を博していますが、最大の販売国は中国です。

2005年4月に「ティーダ ラティオ」(現地名「頤達」)を発売して以来、中国市場でのティーダ(現地名「騏達」)も合わせた販売累計台数は306,012台と、国内市場をも上回っています。 

ティーダは、06年に「中国カー オブ ザ イヤー」を受賞しています。

マイナーチェンジ後のティーダとティーダ ラティオ合わせた販売台数も、平均約12,000台/月と今尚好調に推移していま

す。

まさしく、ティーダは中国市場において最も人気の高いクルマの一台となっています。


ガソリンとなる原油価格の高騰が止まりません。

その一方、暫定税率期限切れによるガソリン税撤廃による市場価格の引き下げが行われつつあります。

それ故、コンパクトカー市場人気は当面続くものと思われます。

「燃費のよさと高品質感」という時代の要請にマッチしたティーダとティーダ ラティオの存在価値が、今後益々高まりそうで

す。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。