世界最低価格車対決? 勢いづくBYDオート(比亜廸汽車有限公司)とタタ・モーターズ


スイスのジュネーブ(Geneva)で開幕したジュネーブモーターショー(Geneva Auto Show)で、好調な国内需要を背景に、中国とインドの自動車メーカーが勢いを見せています。

中国のBYDオート(比亜廸汽車有限公司、BYD Auto)とインドのタタ・モーターズ(Tata Motors)の楽観性は、成長予測を修正し注意深く先行きを見つめる欧州・北米メーカーの態度とは対照です。

BYDオートは、海外市場向けのハイブリッドカーや完全電気自動車を生産するため、高技術なバッテリー開発に特化することを目指しています。

同社の販売責任者Paul Lin氏はAFPに対し、「欧州で2、3年のうちに販売を開始できればと考えている」と述べています。

BYDオートは1995年、従業員20人のバッテリー製造会社として創業。

現在では従業員12万人、推定資産350億元(約5100億円)のIT(情報技術)サービス、自動車、燃料技術を提供する多角的企業に成長しています。

Lin氏によると、過去13年の平均年成長率は17%にも達し、2008年には国内販売台数を20万台(前年10万台)、海外販売台数を2万5000台(同1万台)に増やすことを目指しています。

特に、BYDオートは2つの異なるエネルギー源を使い分けて走行する「デュアルモード」自動車の海外市場での販売に的を絞っており、欧州の厳しい安全基準に適合するかどうか、慎重に見極めている段階です。

「品質を改善し、われわれの自動車が欧州市場に適するよう尽力している」とLin氏は語っています。

BYDオートは、IT運用ではすでに欧州での生産拠点網を持っており、長期的には欧州市場向けの自動車生産事業を拡大することを検討しています。

BYDオートと並び、インドの巨大財閥グループ、タタ・グループ(Tata Group)も主要新興国から同ショーに参加し、旋風を巻き起こしています。

タタは小型で必要最小限の装備のみを搭載した世界最低価格車のファミリーカー「ナノ(Nano)」2タイプを発表しています。


比亜廸汽車有限公司(BYDオート)がコンパクトカー市場に投入する「F1」。

BYDオートのF1は新たな動力システムを搭載するとともに、洗練されたエクステリアでローエンドなイメージを覆すコンパクトカーを作り出そうとしています。

その一方でF1の価格は非常に低く抑えられる予定で、中国自動車市場における最低価格車と称されています。

どの程度のスペックかは定かではありませんが、キャッチフレーズ通りなら欧州や日本のコンパクトカーにも影響を与えるほどのコストパフォーマンスの高いコンパクトカーになりそうです。

ただ最低価格車と言えば、10万ルピー(約28万円)で発売される予定のタタ・モーターズの「ナノ(Nano)」です。

タタ自動車が、公言通り30万円を切る価格でナノの発売にこぎつけたことは、評価に値します。

と言うのも、10万ルピーを切る低価格車「ナノ(Nano)」の構想が、タタ自動車内で持ち上がったのは4年前。

その間、自動車業界は環境性能を上げるべく様々な新技術を投入してきました。

さらに原材料の高騰。

低価格車開発に逆風が吹く中、「ナノ」はタタ・モーターズの公約を現実のものとしました。

ただ、その手法はかなり無理があります。

30万円という目標をクリアするために、タタ自動車がエアコン、パワステ、パワーウィンドウといった装備をナノから省いたのは、まだ許せます。

しかし見るからに貧弱そうな1本ワイパーや、運転席側のみのドアミラーといった安全装備までコストダウンの対象としたのは問題です。

しかも、ナノに搭載されるエンジンは、624ccの2気筒エンジンで、最高出力は33ps。

「ナノ」のボディサイズは軽自動車並みとは言え、加速時にはかなり質の悪い排気ガスを排出しそうです。

インド市場でシェア首位のスズキが販売している小型車は約60万円だけに、30万円を切る低価格車「ナノ」はかなり話題を集めそうですが、その実力は???といったところです。


「新車購入でXX万円節約!」のトップページへ






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。